ソリューション/実績

  • ホーム
  • ソリューション/実績
  • 複雑形状物の全数検査

複雑形状物の全数検査 - Visual Gate-Keeper (VGK)

鍛造品・鋳造品の形状、寸法計測のインライン全数検査の実現

ソリューションの概要

3Dビジョンセンサーで取得した3D点群を、3D CADデータの座標系に合わせることで、3D CADに設定した計測点の全数寸法、形状検査を実現します。
計測データは出荷品のトレーサビリティ用データとしても活用できます。

対象ワーク

  • 鍛造品
  • 鋳造品
  • 車体

機能・特徴

基本機能

■ 寸法計測:基準とする部位から指定した部位までの位置測定、幅測定、径測定が可能です。
■ 形状検査:設定した範囲をCADデータと比較し差を計測することで、凹凸検査や成形不良を検査します。

簡単な運用

生産ラインにカメラを設置することで全製品の検査を可能にします。

自由度の高い測定/検査設定・わかりやすい検査結果表示

3D CADデータ上で測定/検査箇所の設定を行います。また複雑な形状の製品でも任意の検査箇所を指定できます。

仕様

仕様表

仕様項目 内容
撮影時間 0.4 ~ 0.8 秒
解析時間 1 ~ 2 秒 ※
検査精度  ± 0 . 1 mm ※
寸法測定項目 径、位置、幅、長さ、高さ、距離
形状検査項目 バリ、へこみ、変形、欠肉、成形不良
品種設定 3DCADデータで品種登録
機器構成 YCAM、ビジュアルコントローラ、モニタ
外部機器接続 PLC
外部機器通信 【出力】 状態 : Ready , Busy , Error 結果 : OK , NG , 計測値
データ保存 【入力】 撮影トリガー , 品種切替 , 製品情報

※ 撮影対象によって異なります。

VGKの実施例

マツダ(株)のクランクシャフト欠肉検査システム

Visual Gate Keeperがマツダ(株)のクランクシャフト製造工程で活用されている事例を紹介します。
自動車の製造工程では、クランクシャフトや車体等の3次元的に複雑形状の計測が課題となっています。
「Visual Gate Keeper」はこのような現場ニーズに対して
- 3Dビジョンセンサ「YCAM3D」による撮影〜約0.5秒
- 全数検査〜約2秒で検査結果出力
- トレーサビリティデータの提供
を実現しました。

YCAM3Dによるインライン撮影の動画

運用現場の様子

オペレータ室には「リアルタイム検査結果画面」が表示され、形状検査のカラーマップの目視確認が可能です。また、計測数値異常時にはサイクル停止を実現しています。
クランクシャフトのような複雑な形状の製品で、離れた箇所の面間距離や3次元的な変形を数値やカラーマップで出力して、定量的な評価を可能にします。

オペレータによる目視確認

リアルタイム検査画面の動画

※ 本ページ掲載の画像/動画はマツダ(株)の利用合意受けているので、他への転載、転用を一切禁ずる。